虫歯の悩み、1人で抱えないでご相談ください

歯の痛み、そのままにしていませんか? 歯の痛みは虫歯などのトラブルのサイン。治療せずに放置していても自然と回復することはありませんので、まずはお気軽にご相談ください。一緒に、ベストな治療法について考えていきましょう。

虫歯の4つの要因

虫歯の治療法についてご紹介する前に、虫歯になってしまう原因をご説明します。敵を退けるには、まずは敵を知ることが大切です。

虫歯菌 糖分
虫歯の直接的な原因です。虫歯菌の出す酸によって歯が溶けます。 糖分は虫歯菌の栄養源。虫歯菌は糖分を栄養にして歯を溶かす酸を作り出します。
歯質 ブラッシングまでの時間
歯質の強さは人により異なり、歯質が弱いと虫歯になりやすい傾向にあります。 ブラッシングまでの時間が長いほど、虫歯になりやすい環境にあると言えます。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法

C0
【ごく初期の虫歯】

C0【ごく初期の虫歯】

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングフッ素塗布で治ることがあります。

C1
【エナメル質の虫歯】

C1【エナメル質の虫歯】

歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2
【象牙質の虫歯】

C2【象牙質の虫歯】

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

C3
【神経まで達した虫歯】

C3【神経まで達した虫歯】

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4
【歯根まで達した虫歯】

C4【歯根まで達した虫歯】

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

虫歯ではなく知覚過敏の可能性もあります

歯がしみたり痛んだりする場合、多くの方は虫歯を疑うかと思いますが、知覚過敏の可能性もあります。知覚過敏は、加齢や歯ぎしり、食いしばりのクセによって歯の表面のエナメル質が削れ、象牙質が露出することなどによって起こる症状で、しみる感じや痛みを引き起こします。いずれにせよ治療により改善しますので、まずはご相談ください。

歯科治療が怖いという方は…… 無痛治療をご検討ください

診療予約はこちらから

  • ページのTOP へ